揉捏法(揉撚法)

揉捏法(揉撚法)

揉捏法(揉撚法)は、手技によるマッサージです。痛みや違和感がある部分に手を密着させ、そこに垂直に圧力をかけていきます。圧力をかけたまま、筋肉の組織を動かしていくという方法です。筋肉がつかれている、という場合に効果的なマッサージになります。

 

 

 

筋肉組織の新陳代謝がぐっと上がりますので、疲れを取り、痛みや違和感も改善していきます。筋肉の疲れを取るということばかりではなく、腹部などにも行うことがあります。揉捏法(揉撚法)を腹部に行う場合、圧力をかけたままゆっくりとマッサージを行います。

 

 

 

マッサージを終えると、お腹の中で腸が動き始めたのがわかり、便意を催すという方もいます。軽い便秘くらいであれば、この方法ですんなり便秘が治ったという方もいるようです。

 

 

 

てのひらを使い、手の暖かさを感じながらのマッサージは、安心感も強く、指でギュッと押すマッサージが苦手という方でも、気持ちよく受けることができます。どうもマッサージが怖いという方も、この方法であれば大丈夫でしょう。

 

【サーマクール・青山エルクリニック】しわ・しみ・たるみ・リフトアップ・美容外科・美容皮膚科はこちらから。