マッサージが体に良いのはなぜ

マッサージが体に良いのはなぜ

毎日の生活を続けていくと、体のあちこちに疲れが溜まって動きが鈍くなったり、精神的に疲れてしまうことがあります。これは体を酷使するアスリートだろうが、サラリーマンだろうが関係ありません。人間は体を動かすことにおいては精密機械以上に多くの部分をこと細かく脳が指示を出して動かしています。

 

そんな状態が続けば燃料切れにもなりますし、普段の生活においてガタが来るのは仕方がないことです。古来より人間のそうした疲れを癒すものとして注目されているのがマッサージです。ここを知っておくことにより、普段の生活をもっと楽にすることができるようになりました。

 

では、そもそも何でマッサージは疲れた体を楽にすることができるのでしょうか?その基本的なところを紹介していきます。

 

 

マッサージと言っても最近は実に様々な方法がありますよね。全身にオイルを塗って精神的に癒されながら肉体の疲れを取ってくれるエステで行われているマッサージや、人間に無数に存在するといわれるツボを刺激して、神経を利用してその部位の疲れや血流の悪さを取り除く方法、鍼などをして筋肉のコリを解消する方法など実に様々です。

 

これらに共通して言えることは「血流を良くする」というもの。血液の流れというのはとても大切で、その部分を動かすのに必要な栄養素などを休むことなく血液が届けてくれるのです。しかしながら、筋肉が張ってしまい、長時間同じ姿勢でいると、血液がその部分に円滑に届けることができません。すると栄養不足になり痛みや疲れなどが出るのです。

 

そこをマッサージでは血流を良くすることを念頭においているので、体に良く疲れが吹き飛ぶような印象を持つようになるのです。