運動はマッサージ以上の効果がある?

運動はマッサージ以上の効果がある?

腰痛や肩こり首の痛みなど日常生活を送っていると様々な痛みに悩まされることが多くあります。特に女性の場合は生理前などホルモンバランスが崩れているときは、不調を訴えやすくなる特徴があります。

 

そんな時にお世話になるのがマッサージですよね。体の不調の多くはその部分に栄養素を送り届ける血液の循環が悪くなっていることに由来します。ということは、血流の流れを改善させることができれば、疲れというものは癒せることになるので、マッサージではその部分を外部から揉み解すことによって疲れを癒していくのです。

 

しかしながら、そのマッサージも一時的なものである場合が多く、根本的な治療には結びつかないのが現状です。そこで考えられているのが適度な運動です。何故そんな風に考えられているのかを見ていきましょう。

 

 

マッサージを行うことで心も体も健康になれることは間違いありません。長年の経験や技術の積み重ねにより工夫が凝らされて発展してきたものなので、疲れやすい現代社会において大きな意味を持っているのです。

 

しかしながら、体が疲れてしまう根本的な部分というのは、自分自身にある訳です。その多くが「運動不足」だと言われています。体を支えるのに十分な筋肉が運動をしていないことによって維持させることができずに、肩こりや腰痛、坐骨神経痛などを訴えることがあるということが最近分かってきています。

 

そのため、適度な運動をすることで、つらい肩こりなどから解消されることが多いですし、定期的に痛みが出てくるなどの症状も無くなると考えられています。心も体も健康にするには、運動というものが最低限欠かすことができないのです。