英国式リフレクソロジー

英国式リフレクソロジー

英国式リフレクソロジーは、ルネ・ターナーという看護師の熱い活動によって広まったものです。大量に実データを取り、そこから科学的、医学的に検証を行い、さらには議会等にも認められてから、保険医療にも組み込まれているものです。

 

 

 

医療の世界では、ホスピスなどで行う緩和治療などに多く用いられています。考え方としては延命だけを願うのではなく、命ある時間を幸せに有意義に過ごすクオリティ・オブ・ライフに貢献するものです。患者さんの痛みや違和感を取り去るという治療です。

 

 

 

足裏の皮膚の固さや微妙な違和感を親指によって感じ、手技による治療を行います。このとき、医療によるカルテと同じようなものを作り、患者さんの症状を長期的、多角的にみていくという特徴をもったリフレクソロジーです。

 

なんばのマッサージは評判がいいです。
風俗エステの求人をお探しならこちらへ。
病気の痛みや苦しみを取り去る緩和ケアとして、英国式リフレクソロジーは広がり、今も保険医療として行われているケアです。リフレクソロジーといっても、たくさんの枝わけがあるのですね。