骨盤のずれがさまざまな症状を引き起こす

骨盤のずれがさまざまな症状を引き起こす

骨盤のズレは、腰痛だけではなくさまざまな症状を引き起こします。
 

 

骨盤は体の中心にある部分で、上半身と下半身をつなぎ、上半身を支えてるという重要な役割を持っています。骨盤がゆがむと、体はゆがんだ状態でバランスをとろうとします。そうすることによってほかの部分まではゆがみ始めます。
 

 

骨格が歪むと、骨の上に乗っている筋肉や血管などにも影響がでますし、骨に沿って全身を這っている神経にも障ることになります。結果、全身の骨格が歪むことによってさまざまな症状が現れ始めます。
 

 

病気とまでは言えないレベルの肩こりや首の痛み、頭痛、手足のしびれなどは代表的なものと考えられます。痛みによる不眠症に悩まされている方も多くいらっしゃいます。
 

 

女性特有の症状、生理痛や生理不順、便秘、冷え性、不妊症なども骨盤の歪みが原因とされています。骨盤は内臓を支えている大きな器のような形をしています。ですから内蔵の機能が低下することも考えられます。